So-net無料ブログ作成
検索選択

風をあつめて~はっぴいえんど~ [SONG]

街のはずれの
背のびした路次を 散歩してたら
汚点(しみ)だらけの 霞(もや)ごしに
起きぬけの路面電車が
海を渡るのが 見えたんです

それで ぼくも
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

とても素敵な
昧爽(あさあけ)どきを 通り抜けてたら
伽藍(がらん)とした 防波堤ごしに
緋色(ひいいろ)の帆を掲げた都市が
停泊してるのが 見えたんです

それで ぼくも
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

人気のない
朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら
ひび割れた 玻璃(ガラス)ごしに
摩天楼の衣擦れが
舗道をひたすのを見たんです

それで ぼくも
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

(歌手: はっぴいえんど  作詞: 松本隆  作曲: 細野晴臣)

1_edited-1-3efd5.jpg



 

 


nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。